本文へ移動

現在位置 :トップページ請願の詳細情報 › 新町古町地区・川尻地区の被災文化遺産に関する請願

請願の詳細情報

請願第1号(平成29年) 新町古町地区・川尻地区の被災文化遺産に関する請願

受理番号
請願第1号
(平成29年)
受理年月日
平成29年2月21日
付託委員会
都市整備
委員会付託日
平成29年2月21日
議決結果
採択
議決年月日
平成29年3月24日
紹介議員
津田征士郎

内容

請願第1号
(平成29年)
  新町古町地区・川尻地区の被災文化遺産に関する請願

主 旨
一 熊本地震で被災した歴史的建造物の復旧費用について復興基金による支援及び迅速な
事務手続きを行うこと。
二 「地域における歴史的風致の維持及び向上に関する法律」(歴史まちづくり法)を適用し、熊本城を核とし、新町古町地区を城下町(対象)とした「歴史的風致維持向上計画」を熊本市が策定すること。また、川尻地区においては、「重要伝統的建造物群保存地区」
への選定を検討すること。
三 歴史的環境を活かした観光振興に関し、国土交通省の政策と連動した取り組みを行う
こと。

 理 由
昨年四月、二度にわたる大地震によって、私達が守り育ててきた歴史的建造物が壊滅的な被害を受けました。熊本地震からの復旧は日常の維持管理費用をはるかに超えるものであり、個人の負担では賄いきれない規模になっています。発災から十カ月経った現在、やむを得ず解体されるケースも続出しております。係る歴史的建造物は、本市の観光資源であり、かつ市民の郷土愛を育むために不可欠な城下町景観を構成しております。城下町が消滅した場合、熊本城は残っても、将来の経済的損失と市民の郷土意識の減退は計り知れません。このような状況から、市として熊本地震で被災した歴史的建造物の復旧・復興に関する公的支援を行われますよう請願いたします。

Copyright(c) 2010- 熊本市議会 Kumamoto City Assembly. All Rights Reserved.